レーシック手術は日本国内ではまだ認知度が低く、浸透していると言い難い。有名人がレーシック手術体験者となった[1]ことが本や雑誌やウィキペディアで紹介されるのは、レーシックを受けた有名人が珍しいからである。これに対して、眼鏡は一般に普及しているので、有名人が眼鏡を購入したからといって眼鏡店の広告以外で本や雑誌やウィキペディアに採り上げられることはない。レーシックが近視の治療法として一般的になった暁には、有名人がレーシックを受けたからといって本や雑誌やウィキペディアに記載されることはなくなるであろう。 国内でレーシック手術が行えるクリニックや医院はここ数年で急増したものなので、その多くは十分な経験を持たない施設である。手術費用は、自由診療なのでクリニックや医院により幅がある。高額な機器を設備するため大手の医院チェーン展開による寡占状態が多く、主に雑誌とウェブサイトなどで宣伝がなされる。多くのチェーンで、知人を紹介すれば紹介された者に約1〜3万円の割引が、紹介した者に3〜5万円の紹介料が得られるシステムを採用している。高額の割引や紹介料が可能なのは、もともとの料金が割高に設定されているからである。5人以上紹介すると自分の手術代金が無料になるケースさえ発生することからも、割引前の料金に確たる根拠がないことが分かる。

健康保険(日本の公的医療保険)はレーシックには使用できず実費診療となるが、生命保険加入者であれば「レーシック手術」により手術給付金が支払われるケースが少なくない。加入条件や内容にもよるので、加入している生命保険に問い合わせると良い(レーシック手術の正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」を受ける旨を伝える)。ただしレーシック手術の給付請求が増えたため、保険会社各社は保障の対象から外す動きを見せている。対象から外される以前から加入している保険であれば保障対象となるが、これから新たに加入する場合はほとんどが保障されないと思っておいたほうがよい。 報道 2008年7月31日発売の8月7日号週刊新潮(P30〜31)にて、“特集:告発された「レーシック手術」最大手クリニックの詐欺的商法”として告発記事が掲載。大手の品川近視クリニックの集客の手法に、偽装や詐欺の疑いがあるとされた。

(出展:Wikipedia)

ニュース

レーシック